ポケモン映画 プレイバック・ザ・ヒストリー

2003年 七夜の願い星 ジラーチ 同時上映・おどるポケモンひみつ基地 | ポケモン映画 プレイバック・ザ・ヒストリー

  • 100万人のキャンドルナイトがはじめて行われる。
  • 地上デジタルテレビジョン放送が東京、大阪、名古屋で放送開始。
2003年 七夜の願い星 ジラーチ 同時上映・おどるポケモンひみつ基地 予告編 湯山監督当時を語る

ストーリー

七夜の願い星 ジラーチ

千年に一度、7日間だけあらわれるという千年彗星がよく見える「移動遊園地・ポケモンパーク」でサトシたちはバトラーという人気マジシャンに出会う。
そして、マジックショーの中、マサトだけにアシスタントのダイアンが持つ"眠り繭"(ねむりまゆ)の声が聞こえてきた。それは千年に一度目をさまして願いを叶えてくれるという伝説のポケモン"ジラーチ"の声だった。まもなくジラーチはマサトの手の中で千年の眠りから目覚める。サトシたちの喜びをよそに、バトラーは自らの野望のためにジラーチを利用しようとたくらむのであった。

おどるポケモンひみつ基地

ニャースが留守番をまかされたロケット団のひみつ基地。ニャースはポケモンを自由にあやつれる"モンスターダンシングボール"を使い、ボスに気に入られようとはりきる!一方、ピカチュウたちは偶然このひみつ基地を発見し、とらわれの身の"ささやきポケモン"ゴニョニョを助け出そうとする。
ところが"モンスターダンシングボール"が突然動き出し、ダンス、ダンスの大さわぎに!そこにドゴームやルンパッパもくわわってもう大変!!ニャースが留守番中のひみつ基地、どうなってしまうのか!

活躍したポケモンたち

個性豊かなキャラクター


おもいでのグッズ